サイトマップ

モンテッソーリ教育のサンライズ キッズ インターナショナル スクール

MENU

HOME > もっと知りたい!モンテッソーリ教育 > 教師の心得

教師の心得 アイコン画像教師の心得

モンテッソーリ教師は一般の教師とは異なる存在であることを示す「現場におけるモンテッソーリ教師 実践上の心得12条」があります。これを読めば、モンテッソーリ教師が一般の教師とは明らかに違うということが理解出来るでしょう。ここではその心得について具体的に内容を見てみましょう。

1

環境の整備をする

1.モンテッソーリ教師の最も重要な仕事の一つとして、環境の整備があります。そのためには、子ども一人一人の精神的な発達段階を具体的に把握し、良く理解しなければなりません。それに必要なのは、まず子ども一人一人をしっかりと観察することです。

2.教師自身も常に向上心を持って自ら研修を続けていく精神力が必要となります。

2

教具や教材をはっきりと正確に提示する
-子どもが何かを始める時-

1.まずは、教具や教材の使用方法を、はっきりと確実に伝えることが必要です。順序立ててゆっくりと教えることも心がけます。

2.教具・教材の一つ一つについて、動きを良く分析しておきます。

3.子どもの動きに対して、最も有益と思われる指示を一言で与えられるように、よく考えます。

4.子ども自身には何も課してはなりません。

3

子ども自身がその環境と交流を持ち始めるまでは積極的に、
交流が始まったら消極的に接する

教師は常にアンテナを張って周りに気を配りながらも、子どもが仕事に集中している時はむやみに干渉しないようにします。子どもが集中している時は受動的な立場に立ち、あたたかく子どもを見守りながら、良く観察します。

4

何か物を探している子どもや
手助けの必要な子どもについては、
その子の忍耐の限度を見極める。

集中力がなかなか表れない子どもや迷っている子ども、サポートが必要な子どもを注意深く観察し、手助けをするタイミングを見極めます。

5

原則として、子どもに呼ばれたら
必ずそこに行く。

子ども自信が教師を頼って来た場合は、必ずその子どもの所に行くようにします。教師との信頼関係を築く上でも大切です。

6

子どもに誘われた時は、
子どもの要求を良く聞く。
言葉で表現出来ない要求も
気持ちを汲み取ってあげる。

子どもの要求には良く耳を傾ける姿勢を持ちます。発達状況によっては、自分の気持ちを全て言葉で表現するのが難しい子どももいます。そんな子ども達の気持ちを上手に汲み取る必要もあります。

7

仕事をしている子どもを尊重してあげる

子どもが一生懸命に仕事に集中している時は、むやみに何かを尋ねたり中断させたりしなうように気を付けます。子供の集中の妨げにならないように配慮します。

8

誤りをあからさまに訂正しないこと

すぐに叱ったり、直接指摘したりしないように心掛けます。同じことを繰り返すうちに子ども自身が自分で誤りだと気付くので、そのタイミングを待ちます。並行した仕事をさせて、自分の誤りに気付かせる場合もあります。

9

休息中の子どもに対し、無理に再開を促さない

休息中の子どもや他人の作業を集中して観察している子どもがいたら、そのままにしておきます。すぐに注意したり、無理に仕事の再開を促したりしないようにします。

10

作業を拒否する子どもや理解しない子どもには、
忍耐力を持って誘い続ける。

その子どもが自分から興味をもち、仕事を始めようとするまで、優しく見守りながら、根気良く誘い続けます。

11

教師は、自分を探す子どもに対し、
存在感を感じさせてあげる。

子ども自身が、教師から見守られている、という安心感が得られれば、自分から上手に離れて行きます。

12

教師は、仕事を終えた子どもの所に、
姿を見せるようにする。

自分を出し切った満足感で一杯の子どもに対し、静かに認めてあげるようにします。

モンテッソーリ教育

もっと知りたい!
モンテッソーリ教育

PAGE TOP