サイトマップ

モンテッソーリ教育のサンライズ キッズ インターナショナル スクール

MENU

HOME > もっと知りたい!モンテッソーリ教育 > 教師の役割

教師の役割 アイコン画像教師の役割

教師は「教えない」人的環境要素

「モンテッソーリアン」。モンテッソーリ教育において、教師はこう呼ばれます。これは、教育内容の特殊性から、専門の教育を受けた教師だけに与えられる称号でもあります。様々な教具・用具が大切な物的環境をサポートするように、モンテッソーリ教師も人的な環境として大切な役割を果たします。

モンテッソーリ教育の基盤は、子ども自身の関心・興味を出発点とした自発的活動です。モンテッソーリ教師は、子どもの自由な活動をあたたかく見守り、子ども自身が自己を確立していく過程を大切にします。そのために必要なのは、きちんと教育・訓練された確かな目です。そして、今子どもが必要としているものは何かを良く観察し、察知・理解出来るようになければなりません。

その子どもにとって最適な時期に最適な提示をする

モンテッソーリ教師は、子ども一人一人が持っている能力を信じています。また、子どもは一人で様々な事を自分のペースで成し遂げたい、という欲求を持っている事も知っています。それを可能にするためには、あたたかく楽しい環境を整えてあげることが大切ですし、子供を落ち着いて秩序立ててサポート出来るように精力を注ぎます。

モンテッソーリ教師は子どもに対し、すぐに間違いを指摘したり、活動を妨げたりすることはありません。まずは、子どもに様々な活動を提示し、興味を持たせ、子どもに同じようにやってみるかどうかを問います。もし子どもに、一生懸命に関わろうとする姿が見られた、すなわち、集中して取り組んでいるのならば、その行動から「その子にとって最適な時期にこの活動が提示出来た」と判断します。

そうでない場合、すなわち、子どもがモンテッソーリ教師の提示を理解出来ず、やろうともしなかったり、やっても集中力が続かなかったりしたら、子どもを叱らずに自分を省みます。決して「なぜ出来ないの?」や「そうではないでしょ。先生のやり方をきちんと見ていたの?」など、子どもを責めたり辱めたりはしません。「その子どもにとって最適な時期に、最適な提示が出来なかった」と自分が反省するのです。決して子どもに劣等感を抱かせたり、失敗感や無能感を味あわせたりはしないのです。

たくさんの成功体験をさせてあげる

モンテッソーリ教師は、子どもにたくさんの成功体験、いわゆる「出来た!」という喜びを、何度も味わってほしいと願ってやみません。しかしそれは、先生の言う事に子供を従わせるだけでは決して起こらない事を良く知っています。子どもを良く観察し、子ども自身が学ぼうとする姿勢の延長として起こり得るのだ、ということを、モンテソーリ教師は良く理解しています。

一般的に先生の仕事というのは、「教える事」と認知されています。しかしモンテッソーリ教師の仕事は「教える事」ではないのです。

子ども自身に備わっている「自己教育力」をサポートする

モンテッソーリ教師は、いわゆる「教える人」teacherではなく、子どもの自らの育ちを「導く」directする、という役割に徹します。教える、というのは、子どもが自分自身にすることであるからです。その力こそが「自己教育力」であり、子ども自身に備わっている力なのです。周りの環境と子供の能力とが上手く交わるようにサポートし、関わり方を提示し、示し続けていけること、これがモンテッソーリ教師の大切な役割であり、最大の特長でもあります。

モンテッソーリ教育

もっと知りたい!
モンテッソーリ教育

PAGE TOP