サイトマップ

モンテッソーリ教育のサンライズ キッズ インターナショナル スクール

MENU

HOME > もっと知りたい!モンテッソーリ教育 > モンテッソーリ教育で育つ子供像

モンテッソーリ教育で育つ子供像 アイコン画像モンテッソーリ教育で育つ子供像

乳幼児期に築く人生の土台
「自立していて有能で、思いやりと責任感があり、一生涯を通して学び続ける姿勢をもった人間」

モンテッソーリ教育を受けた子供たちが成長していく姿を一言で表したものです。モンテッソーリ教育では、活動の中から個々に必要な資質や集団の中で必要とされる資質を習得し、以上をモットーに生きていく姿勢を学びます。

「自立と有能」

子供の「個」として育つ部分である「自立と有能」。モンテッソーリ教育の整った環境の中で自由を与えられた子供たちは、ものごとに自発的に関わることで、ごく自然に自立度を高めていきます。そして、先生に教え込まれて出来るようになるのではなく、自発的に活動を始めてやり遂げるので、子供たちの中に有能感が芽生えます。こうして、自立して有能な人間を形成して行くのです。

「思いやりと責任感」

集団の中で必要とされる「思いやりと責任感」。自分のペースでやりたいだけやることが出来るモンテッソーリの教育スタイルは、子供達に情緒の安定や落ち着きをもたらします。この精神の余裕が他者を思いやる余裕に繋がり、思いやりのある人に育ちます。また、モンテッソーリ教育は、自分で選ぶ自由があるけれど、自分の選択に対して最後まで成し遂げる責任が問われるので、責任感が養われます。ですので、思いやりと責任感のある子に育っていくのです。

「学び続ける姿勢」

学び続ける姿勢」は、たった一度きりの人生を自分が主体となって生きていくために、必要な姿勢です。子供達は、活動を通して一生涯学び続ける姿勢を学びます。モンテッソーリ教育では読み書き出来るなどの結果そのものを目的とせず、自ら関わり達成するまでの過程を重視するので、子供達はものごとへの関わり方(学び方)を幼児期のうちに身につけられます。この姿勢は、生涯を通して活かすことが出来ます。

「乳児期のモンテッソーリ教育の重要性」

素晴らしい可能性もって生まれてくる子供がその能力を開花出来るかどうかは、子供の育つ環境に左右されることがあります。子供自身の問題ではなく、子供の育つ環境が人的にも物的にも恵まれなかったばかりに、花開かずに人生が終わってしまうこともあるでしょう。乳児期にどんな人生の土台を作るかによって、人生は大きく変わります。乳児期にモンテッソーリ教育を受けると、理想的な環境で、自分の人生に積極的に関わって生きていく姿勢が身につきます。一回限りのかけがえのない人生を充実させるために、早めに適切な土台を築く事が重要です。

一人ひとり違う子供の育ち方

子供の成長は常に一定のペースで右肩上がりとは限りません。時には停滞しているように見えることもありますし、時には退行しているように見えることもあるでしょう。子供はジグザグ跛行した状態で、成長して行きます。下記のポイントに注意して、子供の成長を見守りましょう。

1

ゆとりを持って見守りましょう

すぐに結果を求めずに、ゆとりを持って子供がゆっくり成長する姿を見守ることが大切です。

2

成長のペースは人それぞれ

モンテッソーリの活動を始めてすぐに何でも自分で進んでやりたがり、ごく短期間のうちに自立心が現れる子もいますし、同じ状態になるまでに何年もかかる子もいます。モンテッソーリ教育の成果がどのくらい出るかは、子供の資質や家庭での生育歴にも少なからず影響されるでしょう。モンテッソーリ教育は、子供にとって無理のないペースで活動し、自分のペースで確実に成長を促進する教育法で、一人一人の違いを前提とした上に成り立っています。それだけに、子供によって、成長のペースの違いが顕著に表れることを念頭に置いておいた方が良いでしょう。

モンテッソーリ教育

もっと知りたい!
モンテッソーリ教育

PAGE TOP