サイトマップ

モンテッソーリ教育のサンライズ キッズ インターナショナル スクール

MENU

HOME > もっと知りたい!モンテッソーリ教育 > 大人までの発達4基本段階

大人までの発達4基本段階 アイコン画像大人までの発達4基本段階

「子供は生まれながらに自己教育力を持っている。
教育とは、子供の発達段階に
ふさわしい環境を用意して、子供が滞在能力を十分に開花させるのを援助する」

これがモンテッソーリ教育の基本的な考え方です。子供の変化が、この考え方の正しさを物語っているでしょう。
また、モンテッソーリ教育の目的は、子供が自ら自立に向かって発達することと、環境に適応することを助けることです。

モンテッソーリ教育の考え方と目的

マリア・モンテッソーリは、「子供は発達のプロセスで一定のいくつかの発達段階を通り、それらの段階にはそれぞれの特有の要求がある、ということを私は見つけました」と言っていました。彼女は子供の発達を次の4段階に分けて説明しています。

各段階は6年の幅を持ち、それぞれ3年からなる前期と後期に分けられます。ヒトから人間の仲間入りする「幼年期」の第1期と、子供から大人に変わる「思春期」の第3期は、それぞれ大きく変貌する時期なので「変容期」と呼びます。この時期の子供はとても繊細で不安定なので、慎重な関わり方が求められます。これに対して、第2期(児童期)と第4期(青年期)は、ある程度安定した時期と考えられています。

※マリア・モンテッソーリが自身の死まで改訂作業に取り組んでいた「子どもの精神」では、発達を3段階としています。
そのとき彼女は、18歳以後、人は完全に成長し、著しい変化が起きないという考えに至っています。

第1期:0歳~6歳(幼年期・乳幼児期)

変容期
「ヒト」として生まれてきた子供が、人間社会という
環境の中で「人間」へと変わっていく時期です。

【形成期】
具体への感受性=物事を感覚的に取り入れます
▼前期/0歳~3歳 精神的胎児
・人間としての基本的な能力を創造することに一所懸命な時期
 =聖なる自分本位
・赤ちゃんの自己形成=自立・運動の調整・ことば・意志の発達
▼後期/3歳~6歳
・意識的な精神の目覚めと発達、前期に得た能力の洗練

第2期:6歳~12歳(児童期・学童期)

一定安定期
個として自立度を高めた子供が、
集団でより大きな課題に取り組めるようになる時期です。

【知性期】
抽象への感受性=理由を知りたがります。
文化の基礎を伝えるのに適した時期。

第3期:12歳~18歳(思春期)

変容期
子供から大人へと移り変わる時期です。

【自分で体験】
自分で体験するこの時期は、社会に貢献して認められたいと願うようになります。また歴史に興味を持つようになる時期でもあります。

第4期:18歳~24歳(青年期)

安定期
精神的にも肉体的にも自立した人間として、
相互に支え合って社会を形成していく時期です。

【成熟・完成】
職業の準備

発達の流れ

前述の通り、各発達段階は3年ごとに前期と後期で分かれています。前期で経験したことが、後期に実になると考えられています。子供の発達はぶつ切りではなく、長い流れの中で連続して起こります。子供と接している「今」の時期だけを切り取って子供の成長を見るのではなく、人間として発達を遂げる長いプロセスを認識した上で、今の発達を捉えることが大切です。

自立の後

人間は、まず「自立」を目指しますが、それはゴールではありません。例えば、0歳~6歳の第1段階における「自立」という発達課題をクリアした後、その先の子供たちの発達段階を追って見ると、自立した人間同士が相互に支え合おうとしていることが分かります。こうして、相互に支え合うことが、平和な社会を構築していくことに繋がります。

モンテッソーリ教員養成

モンテッソーリの教員養成は、この発達の4段階に基づいて、乳児コース(0歳~3歳)、幼児コース(3歳~6歳)、小学生前期コース(6歳~9歳)、小学生後期コース(9歳~12歳)に区分し実施されています。

モンテッソーリ教育

もっと知りたい!
モンテッソーリ教育

PAGE TOP